スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満開のサクラと季節はずれの雪が競演 福島(産経新聞)

 日本の南にある低気圧と前線に、北からの寒気が流れ込んだ22日、関東北部や東北南部の一部では季節外れの雪に見舞われた。

 福島市では最高気温が平年より9・3度も低い9・6度止まりとなり、日中はみぞれ交じりの空模様。隣接する二本松市の霞ケ城公園では、見ごろを迎えた約4500本のサクラに雪が降り積もり、花か雪かと見まごうような珍しい光景に彩られた。

 福島地方気象台によると、福島市は24日まで、最高気温が平年を下回る寒い日が続くという。

【関連記事】
寒い!異常気象で混乱続々 野菜高騰、交通網に打撃も
突然変異の「かわいい悪魔」 長野県辰野町・シダレグリ
4月寒波…イベントもブルブル 「つつじまつり」主役はまだつぼみ
寒い春、コート・毛布・鍋物「特需」 百貨店
41年ぶりに遅い雪 転倒などで13人が軽傷

<中央線>信号の異常表示で24本運休 2万4000人影響(毎日新聞)
火山噴火 成田まだ混乱…炊き出しで市が支援(毎日新聞)
世界経済「予想以上の回復」確認=人民元問題は触れず-G20閉幕(時事通信)
顧客情報でインサイダー容疑、元銀行員逮捕へ(読売新聞)
<自閉症>オキシトシン投与で知的障害者の症状改善 金沢大(毎日新聞)
スポンサーサイト

<鳩山首相>高速道料金の値上げ幅圧縮を示唆 (毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は22日午前、6月導入予定の高速道路の新上限料金制度の見直しに関し、「無料化の方向と矛盾しない形の中で、(政府と民主党)双方が理解できる形で決着していきたい」と述べ、値上げ幅の圧縮を目指す考えを示唆した。官邸で記者団の質問に答えた。

 政府は21日、民主党の小沢一郎幹事長から新制度と衆院選マニフェストで掲げた高速道路無料化が矛盾する、と指摘されたのを受け、新制度の見直しを決めた。小沢氏主導の見直しは政策決定の政府への一元化方針に反する、との指摘が出ているが、鳩山首相は22日、「(民主党から)政府が引き取って見直すという発想になった」と説明した。【青木純】

【関連ニュース】
党首討論:鳩山首相、普天間移設で混迷ぶり露呈
普天間問題:鳩山首相「5月末までに五月晴れ」
普天間移設:徳之島2町長、首相来訪しても面会拒否
普天間移設:「徳之島」白紙撤回を要請…首相に民主県連
普天間移設:「一つの民意」反対集会に首相

元係長懲戒免取り消し訴訟、阿久根市が控訴(読売新聞)
両親、1歳女児虐待認める=「いらいらして殴った」-大阪府警(時事通信)
米フェデックス機が部品脱落=最大130センチ、滑走路に-成田空港(時事通信)
鳩山首相 「さくらの女王」ら表敬(毎日新聞)
九州電力設備に車突っ込む、長崎中心部で停電(読売新聞)

「事務系副大臣」を検討=事務次官は廃止-仙谷担当相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は14日午前の衆院内閣委員会で、各省の事務次官ポストを廃止し、代わりに「事務系副大臣」の創設を検討する考えを明らかにした。仙谷氏は「今の次官がしている事務の統括を事務系副大臣が担うことを考えている」と述べた。自民党の中川秀直氏への答弁。 

【関連ニュース】
給与・定員、基本権に併せ検討=仙谷担当相
参院選公約、消費増税前面に=両院懇で意見
公務員法改正、対案を了承=自民
公務員法改正案で対案=自民
公務員制度改革で独自案=自民・中川氏ら

放鳥トキが「抱卵」中断=求愛行動は継続-環境省(時事通信)
<鉄道事故>東武東上線踏切で男性はねられ即死 東京・豊島(毎日新聞)
橋下氏市長選「出馬」発言に平松市長「的外れ…」(読売新聞)
<郵便不正公判>「自立支援法」供述 副検事が誘導認める(毎日新聞)
<天然記念物き損容疑>「シカ売れば金に」 新たに1人逮捕(毎日新聞)

橋下知事「トップの僕らの責任で、事務方に申し訳ない」 関西3空港懇談会(産経新聞)

 午前10時20分 登庁。報道陣に関西3空港懇談会で大阪(伊丹)空港存廃の判断が棚上げされることについて質問され「これだけ時間をかけて無駄な作業になった。トップの僕らの責任で、事務方に申し訳ない。何をゴールにするのか、枠組みを決めなかったからこういう結果で終わってしまった」。

 11時 教育ゆめ基金への寄付に関する意見交換。

 11時半 庁内執務。

 午後6時50分 退庁。

【関連記事】
橋下知事「スケベ心は持たぬ」 大阪維新の会、国政と一線
橋下新党 堺市議らに参加を要請
橋下知事「政治家として理解不能」 関西3空港問題
橋下知事が昨夏の各党マニフェスト採点を公表 民主党に「高くつけすぎた」
橋下知事、関空リニア事業費「国は複線で試算した」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

北アルプス 「乗鞍スカイライン」除雪作業始まる(毎日新聞)
<太陽光発電>リニア跡地利用し実験場 宮崎に施設が完成(毎日新聞)
外国人参政権付与 知事会で反対続出(産経新聞)
貴金属店窃盗、男を再逮捕=大阪市内で1500万円相当-府警など(時事通信)
鳩山首相、タイの邦人死亡に「大変遺憾」(産経新聞)

【1都4県週刊知事】千葉 森田健作知事 「県庁の巨匠」になれ(産経新聞)

 「私は18歳のときから『青春だ!』と言い続け、ついに“青春の巨匠”と呼ばれるようになった。君たちも大志と情熱をもって“県庁の巨匠”になってみろ!」。新年度が始まった1日、県の辞令交付式で登壇した森田健作知事は、さっそく熱血指導で新職員たちを圧倒した。

 「私が人生で学んだ3つのことを話します」と切り出した知事は「俳優時代、ミヤコ蝶々さんに『芸は教えられるのではなく盗むものだ。でも努力しなければ盗むこともできないよ』といわれた。ダイヤの原石は自分で磨くんだ」とエピソードを交えてまずは1つ。

 「2つ目は人を批判したり悪口を言うとき、自分の成長は止まっているということ。どんなことにも挑戦することが大切だ」と話し、「最後に体と心の健康。つらいと感じることも案外他人からみればたいしたことはない。青春時代のニキビと一緒だよ」と、アドバイスも忘れなかった。

<シー・シェパード>抗議船長を傷害容疑などで追送検へ(毎日新聞)
「減塩後進国」ニッポン  1日9グラムでもまだ多い(J-CASTニュース)
【教育】「好奇心」より「空気読む」のを優先? 親と子の意識調査(産経新聞)
北九州社長殺害 元従業員供述、「ハンマーで殴った」(毎日新聞)
<火災>塗装工場全焼、出火時は無人 埼玉・戸田(毎日新聞)

改正雇用保険法が成立、派遣の失業給付に配慮(読売新聞)

 派遣労働者らの雇用保険加入を促進するための改正雇用保険法が、31日の参院本会議で与党と公明、共産両野党などの賛成多数で可決され、成立した。

 4月1日に施行される。

 改正法は、雇用保険の加入要件を、「6か月以上」の雇用見込みから「31日以上」に緩和することなどが柱だ。これにより、数か月の短期契約で働く派遣労働者らが、「雇い止め」の際などに失業給付を受けやすくなる。財源を確保するため、2010年度の保険料率を0・4ポイント引き上げて1・2%とする。

 厚生労働省は、雇用の見込み期間が6か月未満のため、保険に加入できない労働者は約255万人に上るが、このうちの多くが今回の改正で救済される見通しだとしている。

「車内ゴミ散乱、ライターも?」4児死亡の父親(読売新聞)
日本医師会で花束が発火、床など焼ける(産経新聞)
「全く知りませんでした…」上申書で関与を全面否定する首相 鳩山首相元公設秘書初公判(産経新聞)
学生の「代返」と違う…若林氏行為に仙谷氏(読売新聞)
送迎バス 壁に衝突し炎上 運転手死亡、10人軽傷 大阪(毎日新聞)

群馬県警で新発売“パトカーだるま”人気(産経新聞)

 群馬県警本部の売店で今月、「県警だるま」が発売され、1カ月弱で300個以上が売れる人気商品となっている。店員の女性は「一般の人がこんなに店に来るのは、初めて」と話している。

 県警だるまはパトカーをイメージし、胴体が白と黒の2色、頭頂部が赤色灯を模した赤色。全国有数のだるまの産地、同県高崎市の業者が製造した。県警厚生課では「玄関や店頭に置くことで、空き巣対策にもつながれば」と期待を寄せる。

 タオルやカップなどの人気商品として知られる警視庁のマスコット「ピーポくん」グッズをはじめ、全国で趣向が凝らされる警察関連商品。犯罪に“にらみ”を利かせる県警だるまは、800円。新キャラクターとしてどこまで支持を伸ばせるか。

【関連記事】
ネットで丸儲け!“究極のレア”警官エンブレムの魅力
非出会い系サイトでも児童・生徒の犯罪被害急増
ネット時代のアイドル「AKB48」ファン狂騒曲
ネット発“即席記者” 即時に事件“中継” 捜査妨害や誤情報も
ばいきんまんの角折られる 高知の商店街、県警が器物損壊で捜査

沖縄の部隊を旅団化=南西諸島の防衛重視で陸自(時事通信)
<チューリップ>700本が倒される…大阪・鶴見緑地(毎日新聞)
首相、支持率低下は「『頑張れ』の声」(産経新聞)
<黒澤明財団>伊万里市が支援確約書 設立時、佐賀県に提出(毎日新聞)
こんにゃくゼリー対策で初会合=死亡事故多発受け-消費者庁(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。